本文へスキップ

最先端グリーン技術を取り入れた人・環境に優しいグリーンハウスクリーニングを提供する専門店です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-38-5640

〒564-0041 大阪府吹田市泉町1-4-3-104
株式会社アドバンテックケア

見出しHEADLINE

<グリーンライフ倶楽部>

グリーンライフ倶楽部は、弊社の編集部スタッフと日本グリーンハウスクリーニング協会編集部で制作、発行している化学物質とアレルギーを主要テーマにした月刊フリーペーパーです。
現代は情報化社会で様々な情報が溢れかえっておりますが、意外と本当にほしい情報、真実の情報などは手に入り難いものです。グリーンライフ倶楽部では化学 物質、アレルギー、環境問題などについて、一般のメディアとは少し違った視点からの情報をお届け致します。


<最新号>
  • グリーンライフ倶楽部 第27号第32号 Blue Light(ブルーライト)

    睡眠障害、眼精疲労、黄班変性症を引き起こす原因としてパソコン、スマホ、テレビ、電球などに使われているLEDから出るブルーライトがクローズアップされてきています。32号ではそのブルーライトを迫ります。



  • <バックナンバー>
  • グリーンライフ倶楽部 第26号第31号 27年前のガン論文

    今、27年前のガン論文が話題になっている。ガンの最新治療に関わっているからだ。発表したのは東風睦之博士。1985年5月に米国国立スローンケタリン グガン研究所の機関誌にベンズアルデヒドによる制がん剤に関する論文を発表しました。東風博士は千葉県の一条会病院の院長も務めています。彼の論文による と…。



  • グリーンライフ倶楽部 第26号第30号 豚の餌にコンビニ食を与える

    毎日大量に廃棄されるコンビニの賞味期限切れ弁当やおにぎりを見て、「もったいない」「これで経費を削減できるのでは」と思ったある養豚農家での出来事です。365日24時間、いつでも買って食べることの出来る便利なコンビニ食の真相に迫ります。



  • グリーンライフ倶楽部 第26号第29号 精子に異変が

    不妊の原因の24%が男性側にあることが最新の調査で明らかになった。精子の激減である。精子が危ないことはすでに20年前から警鐘されていた。この20年を検証したレポート。





  • グリーンライフ倶楽部 第26号第28号 老人ホームで診たガン患者

    日本人の死因No.1の”癌”の治療方法についてはこれまでもたくさんの情報が発表されていますが、また新たな見解を発表した医師が誕生しました。癌治療に対する新しい考え方の一つとして広まりそうです。はたしてその見解とは…。




  • グリーンライフ倶楽部 第26号第27号 移動蓄積する化学物質

    母親の体内に長期にわたって蓄積された化学物質が、次の世代(子供)にどのように引き継がれていくのか。化学物質過敏症のドキュメンタリー映画「いのちの林檎」に登場する兄弟にスポットを当ててその真相に迫ります。




  • グリーンライフ倶楽部 第26号第26号 蓄積し、発症する化学物質過敏症

    編集長の岡崎と編集部の石田が6月23日、大阪九条で自主上映された世界で初の化学物質過敏症の映画「いのちの林檎」を観てきたレポート。24号、25号 を補完する内容。化学物質が体内で蓄積し、発症するという事がどういう事なのかを知ることができる貴重な内容。




  • グリーンライフ倶楽部 第25号第25号 胎児から287種の化学物質発見−2

    アメリカ赤十字社が新生児10人の臍帯血を検査。その結果、衝撃的な事実が分かった。胎児から287種類の化学物質が検出されたのです。一体、これはどう いうことなのか。このことは胎児にどのような影響を与えるのか。放射能だけではない、隠れたところで化学物質が人類に取り返しのつかない影響を与えてい る・・・。。



  • グリーンライフ倶楽部 第24号第24号 胎児から287種の化学物質発見−1

    アメリカ赤十字社が新生児10人の臍帯血を検査。その結果、衝撃的な事実が分かった。胎児から287種類の化学物質が検出されたのです。一体、こ れはどういうことなのか。このことは胎児にどのような影響を与えるのか。放射能だけではない、隠れたところで化学物質が人類に取り返しのつかない影響を与 えている・・・。



  • グリーンライフ倶楽部 第23号第23号 ポーションミルク

    スターバックス、タリーズ、マクドナルドなどの店では小さな容器に入ったコーヒーフレッシュが置いてある。いくらでも使い放題だ。一体、これはミルクなの か、それともミルク以外の何かなのか。巷には食品添加物で作ったOOO風味の商品がたくさん出回っている。今回はこの使い放題コーヒーフレッシュを解剖す る。



  • グリーンライフ倶楽部 第22号第22号 ピンクスライム

    ハンバーガーの世界大手企業マクドナルドが「ピンクスライム」の使用を中止するという発表をした。これに続いてタコベル、バーガーキングも使用中止宣言をした。ピンクスライムとは何なのか。それを何に使っていたのか。驚くべき真相に迫る。




  • グリーンライフ倶楽部 第21号第21号 イエローケーキ

    原子力発電の核燃料となるウラン、それはイエローケーキと呼ばれる。
    イエローケーキがどのように採掘され、加工され、商品として原子力発電にまで運ばれていくのか。その過程をドキュメントした映画が東京渋谷の小さな映画館で上映された。世界で初めてのドキュメント映画だ。これを見るために大阪から東京まで行き、実際に観てきた。



  • グリーンライフ倶楽部 第20号第20号 驚きのグリーンカー

    世界ではCO2を出さない車をグリーンカーと呼んでいます。今回のグリーンライフ倶楽部20号ではグリーンカーの最先端情報をお届けします。時速400k 以上で走る電気自動車。空気だけで走る空気エンジン自動車、空飛ぶ自動車まで、思わずわくわくするような内容です。




  • グリーンライフ倶楽部 第19号第19号 IH調理器から火事が

    IH調理器の安全性をテーマにした内容です。火を一切使わないというIH調理器から火事が起きた。一体、どうして?それだけではありません。火の代わりに 電磁波を使って鍋に熱を与える技術を使っているため、電磁波の人体に及ぼす影響が急速に問題となってきている。電磁波は放射能と同じように無色無臭、それ でいて細胞を中から破壊する。見えないだけに十分気をつけなければいけない。



  • グリーンライフ倶楽部 第18号第18号 シャンプーで毛が生える、ホント?

    インターネット通販で「400万本売れている」シャンプーがある。1本が3800円。効能文句があたかも「このシャンプーを使っていると毛が生えてくる」 というようなイメージを与えている。果たして、本当にそのシャンプーで毛が生えるものなのか、それとも・・・なのか。薄毛医療の第一人者の医師の見解をも とに検証してみました。



  • グリーンライフ倶楽部 第17号第17号 薬が効かない、スーパー耐性菌

    どんな薬も効かない、そんな菌が人類を襲い始めた。今年7月スーパー淋病菌が日本に突如誕生。医学界では国の内外で大きな波紋を呼んでいる。なぜ、自然界に存在しないスーパー耐性菌が突然生まれてくるのか。




  • グリーンライフ倶楽部 第16号第16号 いのちと放射能








  • グリーンライフ倶楽部 第15号第15号 携帯電話と子供








  • グリーンライフ倶楽部 第14号第14号 浜岡原発と東海地震








  • グリーンライフ倶楽部 第13号第13号 ラテックスアレルギー








  • グリーンライフ倶楽部 第12号第12号 薬用石けん








  • グリーンライフ倶楽部 第11号第11号 ペットボトル症候群








  • グリーンライフ倶楽部 第10号第10号 長持ちガムの秘密








  • グリーンライフ倶楽部 第09号第09号 若者に増える難聴








  • グリーンライフ倶楽部 第08号第08号 ミルクアレルギー








  • グリーンライフ倶楽部 第07号第07号 お母ちゃん、マーガリンパンたべたいの








  • グリーンライフ倶楽部 第06号第06号 本当の味噌汁を作りたい








  • グリーンライフ倶楽部 第05号第05号 子供を襲う小児精神病








  • グリーンライフ倶楽部 第04号第04号 消臭剤とシックハウス








  • グリーンライフ倶楽部 第03号第03号 難病治療に挑む








  • グリーンライフ倶楽部 第02号第02号 お風呂の塩素と肌への影響








  • グリーンライフ倶楽部 第01号第01号 洗剤とシャンプーとアトピー








  • グリーンライフ倶楽部 第00号第00号 創刊のご挨拶